参加アーティスト

原始林保全活動に共鳴する様々なジャンルのアーティスト

猪俣 愛 【木彫】

Inomata Ai / Sculpture 

生物が好きでいつか何かの保全活動に参加したいと思っていたので、自分の木彫が春日山原始林の生物達の一助となる機会を頂き、とても嬉しく思います。

Created with Sketch.

「一節/600年の時計」/2021年
 
子供の頃から生き物への興味が尽きず、また六甲山を登っていたのもあり、現在も動植物を観察しながらの登山が趣味。 生命感があり山の雰囲気を感じられる木材を使い、動植物の生きる姿を表現したくて大学より木彫りの制作を始める。 伝統工芸井波彫刻の技術と、北アルプスの山々を求めて4年前に富山県井波に移住、弟子入り、以後5年間の修行期間中。

1994年 兵庫県生まれ 
2017年 京都市立芸術大学工芸科漆工専攻卒業 
2017年 井波彫刻師藤﨑秀平先生に弟子入り 
2021年 新工芸展学生選抜展優秀賞受賞 

岩田茉莉江【音風景】 

Iwata Marie / Soundscape

大杉が生きた長い時間を想う。森と一つになれないかな。 葉、丸太、石、枝の音を探して響き合う。「もっとやりたい!」夢中になる演奏会となりました。

Created with Sketch.

「森の演奏会」2020年

沖縄・南大東島で音に魅かれサウンドスケープ研究を始める。2003年『南大東島音たまり』、2018年音絵と音源集『うみなりとなり』を共同発表。全国各地で『音さんぽ』を実施。近年は奈良の里山にて音風景の収集・伝え調べ・音描きによる作品制作を行う。『おとたまりハウス』を構想中。

おとたまりウェブサイト
http://www.ototamari.net/

大矢 一成 【木工】

Oya Kazunari / Wood work 

樹齢約600年の春日杉の力強い形や木目に触発されながら、春日山の生き物の息吹を、日々の生活や記憶の中に届けていけるように作品を制作しました。

Created with Sketch.

「ムササビの棲む森」  2020年 


一本の樹が芽生えてから老木になり朽ちていくまでの長い年月の中に生まれる数々のドラマや、自然の営みがみせる表情を、木材と漆を使って表現しています。都会に街路樹を植えるように、部屋の中に森の息吹を取り入れられるような作品を目指しています。

木漆工芸作家、京都市立芸術大学 漆工 准教授 

1978年 生まれ 

2004年 京都市立芸術大学 大学院美術研究科 工芸科漆工専攻 修了 

2004から2013年 京指物工房に勤務。 

2013年から京都市立芸術大学 工芸科 漆工研究室 勤務 生地、木工担当 

 

主な発表活動歴 

2004年 第22回朝日現代クラフト展 

2005年 第23回朝日現代クラフト展 

2012年 個展「どんぐり風呂 コノミノコノミ展」(ギャラリーh2o) 

2013年 グループ展 「尺取あそび」(ぎをん小西) 

2014年 京都工芸美術作家協会展 

2015年 個展「つゆのはれまの つゆのみち」大矢一成 木工展 (ギャラリーh20) 

2016年 京都工芸美術作家協会展 
 真夏の6人展(奈良 叙友舎) 

  個展「小鳥の森の冬支度」大矢一成 木工展 (ギャラリーh20) 

2017年 魅了する轆轤のかたち展 知られざる技と心(広島県宮島) 

2018年 2人展「パン屋で出会った陶芸家と木工家のうつわ展」(亀岡市薪窯パンふくくる) 

            個展 「冬の水あそび、森あそび」大矢一成木の仕事展(有馬玩具博物館) 

2019年 京都工芸美術作家協会展 

            干支展 子 (ぎをん小西) 

2020年 干支展 丑 (ぎをん小西) 

            漆 japan jewels (銀座 おかりや) 

2021年 春日山原始林アートプロジェクト (奈良 bonchi) 

木下 栞 【造形】

Kinoshita Shiori / Formative art

奈良県が長年、災害の少ない土地なのは山々が保水力を持つお陰です。次の世代も安心して暮らせるよう、自然保護に目を向けるきっかけになると嬉しいです。

Created with Sketch.

「侵食」2020年

木工、書道、ガラスを中心に、制作活動をしています。

春日山に足を運んで感じた、自然の循環や木々たちの記憶、そして私たちの生活との繋がりなどをテーマに、制作したいと考えています。
 

2016年 京都市立芸術芸術大学大学院美術研究科漆工専攻卒業 

 

展覧会歴 

2012年  五芸大漆工展(ぎおんギャラリー八坂・京都) 

2014年 313×313 Dreaming Art(ロイヤルパーク・ザ・ホテル 羽田・東京) 

2015年 花山天文台Gallery Week(花山天文台・京都) 

2018年 奈良・町家の芸術祭はならぁと(曽爾村・奈良) 

2019年 大津安以・木下栞 ふたり展(セージギャラリー・大阪) 

2020年 大津安以・木下栞 ふたり展ー空白の白昼夢ー(セージギャラリー・大阪) 

2021年 春日山原始林アートプロジェクト2020(bonchi・奈良) 

 

熊田 悠夢【木彫】

Kumada Yumu / Sculpture 

600年という、人には体感できない長い年月を春日の森で生き続けた木がいま、何を思うのか。 木の気持ちに耳を傾ける大切なきっかけを頂きました。

Created with Sketch.

「sleeper / まだ ここにいる」 2021年

自然と人との間には、ふしぎな現象が満ちている。
大気を吸ってはくこと。雨をのんで潤うこと。畏れを感じ、祈りたくなること。
その現象にどれだけ気づき、感応し続けられるかを考えながら、作品を制作しています。


2017 年 京都市立芸術大学大学院修士課程美術研究科工芸専攻漆工修了 

 

受賞 

2014 年 京都市立芸術大学作品展/平館賞 2010 第31回美工作品展/教育長賞 

2015 年 京都市立芸術大学作品展/市長賞・大学収蔵 

2016 年 立体造形2016/松谷・松縁大賞 

2017 年 京都市立芸術大学作品展/奨励賞 

 

個展
2015年 モーメントの稜線/同時代ギャラリー 

2018年 春のハーバー/同時代ギャラリー
  くさとうみと/カイドウコーヒー焙煎所 

2019年 permanent voyage/神戸アートマルシェ2019(同時代ギャラリー) 

 

主なグループ展など 

2021年 春日山原始林アートプロジェクト2020展覧会/BONCHI 

2020年 郷土菓子研究社と31人の作家の器/ギャラリーYDS
            明日香の匠展 /奈良県立万葉文化館 

2019年 立体造形2019/同時代ギャラリー
2018年 奈良・町屋の芸術祭 はならぁとあらうんど曽爾/曽爾村・松田家古民家 

            神戸アートマルシェ 2018 /神戸メリケンパークオリエンタルホテル 

            お菓子のうつわ展/喫茶ストーブ
2017年 京都府新鋭選抜展2017/京都文化博物館
            新進作家六人展/京都文化博物館
            奈良・町屋の芸術祭はならぁとあらうんど曽爾「稜線」/奈良県曽爾村 月桂樹の家 

            神戸アートマルシェ2017/神戸メリケンパークオリエンタルホテル 

2016年 立体造形2016/JARFO京都画廊
            THE GIFT BOX /京都文化博物館別館
            カスケット/喫茶stove
            劇団三毛猫座 朗読パフォーマンス「薄いヴェールの丘に立ち静かに”病い”を待っている」
             /京都市立芸術大学小ギャラリー 

            still moving-on the terrace(HOTEL養生)/京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 

2015 年 生新の時2015漆芸の未来を拓く/石川県輪島漆芸美術館
             塩見允枝子Fluxus Performance Workshop/京都市立芸術大学大学会館 

杉山拓次【写真】

Sugiyama Takuji / Photograph

「この樹が持つ記憶を、多くの方の心に残さなくては」大杉が倒れた時に最初に思ったことです。 この樹を通じて春日山原始林を未来へつないで行きたいです。

Created with Sketch.

「妖怪みっけ」

春日山原始林を未来へつなぐ会で保全・啓発の活動を行いながら、原始林を楽しむガイドを行なっています。森の中で見つけた風景や生き物、顔に見える「妖怪」を見つけては撮影しています。

1977年東京生まれ


25歳まで俳優を志し活動。その後、環境NGOで社内デザイン・環境教育プランナーとして勤務。

2014年3月 奈良へ移住。奈良公園・春日山原始林に出会う。
2014年4月 春日山原始林を未来へつなぐ会の設立に関わり、設立後、事務局長に就任。
2016年4月 上記と並行して個人の活動をBOKUNARAとして開始
春日山原始林でのガイド、グラフィックデザインなどを行う。


たかはしなつき【彫刻】 

Takahashi Natsuki / Sculpture

春日山原始林を歩く時に感じる風やにおい、足元の感触、身体へ心地よく響くリズムを作品に込めて制作しています。

Created with Sketch.

「雲上の散歩道」 2021年

奈良県宇陀市室生の森より自ら木を運び出し、広葉樹から針葉樹まで様々な種類の木材で森の精霊や架空の生き物たちを制作。倒れた春日杉が新しく生まれ変わる姿を自分なりに表現できたらと思っています。

 

1971年 千葉県生まれ 

1998年 東京学芸大学大学院教育研究科彫刻コース修了 

 

個展 

2018年 「はじまりの森」銀座レトロギャラリーMUSEE GINZA (東京) 

  「はじまりの森」ギャルリ・サンク(奈良) 

 

主なグループ展など 

2011年 奈良・町家の芸術祭はならぁと2011 宇陀松山エリア(奈良) 

2013年 奈良・町家の芸術祭はならぁと2013 宇陀松山エリア(奈良) 

2015年 奈良・町家の芸術祭はならぁと2015 宇陀松山エリア(奈良) 

 協同企画展おんさ vol.9(gallery6c/兵庫) 

2017年 奈良・町家の芸術祭はならぁと 曽爾エリア(奈良) 

            2人展「存在 existence山本ようこ×たかはしなつき」GALLERY ARTISLONG (京都) 

2019 年 夏至の日のヌード展(ソーイングギャラリー/大阪) 

             星ヶ丘美術倶楽部(ソーイングギャラリー/大阪) 

2020年 奈良・町家の芸術祭はならぁと2020 橿原今井エリア(奈良) 

2021年 春日山原始林アートプロジェクト2020展覧会/BONCHI 



堂本 寛恵 【仏像彫刻】

Domoto Hiroe / Buddha statue sculpture

春日山原始林を歩くと、森やいのちの循環を目の当たりにすることができます。老木から新しいカタチを彫り出すことで、私もその巡りの中にいることを実感しました。

Created with Sketch.


「森の坊」/2020年

仏像彫刻、修復、文化財模刻をしています。今回は春日山原始林で生まれ育った「木」そのものが神様。ここからどんなものが造れるか、私自身も楽しみです。

仏師
 東京芸術大学 大学院 文化財保存学 保存彫刻研究室 修了
 
 ○制作仏像 

  十一面観音像 六波羅蜜寺 

  観音勢至菩薩像 西光寺 ほか
 ○文化財模刻 

 雲中供養菩薩像 平等院 ほか
 ○文化財修復 

 不動明王像 日光山輪王寺
  唐門彫刻 元離宮二条城 ほか 

福田寛子 【日本画】

Fukuda Hiroko / Japanese painting

数年前にスケッチに訪れてから、春日の森のファンになりました。 ご縁あって、倒木を作品にさせていただき、とても嬉しいです。

Created with Sketch.

「森のまにまに(ミニ)」/2021年

大学で日本画を学び、樹木のスケッチをたくさんしてきました。数年前に自分のテーマを具現化したような春日の森と出会い、大ファンになりました。大きな太古の生き物のような森への尊敬をこめて、作品にしたいと思います。

 

兵庫県出身 

京都精華大学卒業後、川面美術研究所に入社 

 

文化財の保存修復・花街の舞台美術制作に携わる。傍ら、公募展やグループ展など、日本画での作品制作を続ける。 

矢野 洋輔 【木彫】

Yano Yosuke / Sculpture

確かに立っていた木を使うのはいつもそうなのですが、いつもよりもそのことを意識する制作になりました。

Created with Sketch.

「生える伸びる猿」/2020年

木彫を通して、"自分の表現しようとするもの"と"木そのものが表現するもの"との付かず離れずの関係を作品にしている。
作っているうちに現れてくる形に興味がある。

1989年 京都府生まれ 

2016年 京都市立芸術大学 大学院美術研究科工芸専攻漆工 修了 

主な個展 

「寝ている木 踊っている木」(板室温泉大黒屋, 栃木, 2019) 

主なグループ展 

「根の力 -THE POWER OF ORIGIN-」(大阪日本民芸館, 2021) 

「西太志 + 矢野洋輔展『居心地の良さの棘』」( 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery, 東京, 2017) 

山本 悠葵【木工】

Yamamoto Yuki / Wood work

春日山原始林をみんなで歩いていると、一人では気がつかなかった発見に出会えました。 個性豊かな作品を通して、原始林を一緒に楽しめたら幸いです。

Created with Sketch.

「きのこの住まい探し 」/2021年

 森林が7割の市で常に自然に囲まれて育ちました。大学では主に木のおもちゃを制作しています。 
 

1998年 大阪府生まれ 

2017年 京都市立芸術大学美術学部工芸科入学 

 

現在、同大学漆工専攻にて木工を学ぶ 

若林綾【木工】

Wakabayashi Aya / Wood work

このプロジェクトは、春日杉を通して森が生きてきた時間を作家と鑑賞者で共有できる場です。多くの人が原始林の未来を考えるきっかけになれば嬉しいです。 

Created with Sketch.

「massage chair」/2021

作品を作りつつ、山岳ランナーとして国内外のレースに参戦しています。私にとって山は「生と死」を感じる場であり、感覚が研ぎ澄まされる場所です。山を駆けたり、山の整備活動をする中で見えてくる「物・事」について、山にある素材で表現したいと思っています。
 

1998年生まれ 

京都市立芸術大学漆工専攻4回生 

 

主な受賞歴 

2019年international trail running race in Korea 優勝 

2020年 sky running 日本選手権(long)準優勝 

2021年京都市立芸術大学作品展 平館賞 作品名「枯れてゆくとき」 

2021年 youth sky running 世界選手権日本代表、アジア選手権日本代表